新着タイトル

劇場版3D あたしンち 情熱のちょ~超能力♪母大暴走!

劇場版「あたしンち」2作目、前作より7年ぶりとなる本作。前作が“もし母とみかんの中身が入れ替わったら…”といった設定だったのに対し、本作は“もし母が超能力を使えたら…”という、これまたベタにファンタジックな設定。また、本作はシンエイ動画初の3D作品で、その3D化にかかる予算の関係で上映時間は43分とかなり短め。
それらの要因のせいか、きっと軽い作りの駄作なのだと見くびっていた。しかし、蓋を開けてみればびっくり。多少雑な作りの作品ではあったものの、見事に泣かされてしまった。
ある目覚めの良い朝、母は突然雷に打たれ、超能力を使えるようになる。ユズヒコからは人前では使わないようにと強く念押しされるものの、家族に内緒で母は超能力を人助けに使うようになる。そんな母は人助けに勤しむばかり、次第に日常生活に支障をきたし、みかんは不信感を募らせていく・・・。
専業主婦である母は、普段家族のためだけに家事をこなし、周りからは「〇〇さんの奥さん」や「〇〇ちゃんのお母さん」などと呼ばれ、自身の名前で呼ばれることは一切ない。そんな社会との関わりも薄く、自己のアイデンティティが希薄な母にとって、超能力とは、世のため人のために役立てる一つの希望だったのかもしれない。だからこそ、家族から反対されても、人助けすることをやめなかったし、寝る間も惜しんでがんばっていた。そんな母の姿には胸を打たれるものがあった。
監督:高橋渉
出演:渡辺久美子、折笠富美子、阪口大助、緒方賢一
脚本 大野木寛
原作 けらえいこ
制作年 2010年
制作国 日本
時間 43分
【ビデオパス】 【動画】 【動画】 【hulu】 【TSUTAYATV】 【blogranking】
【映画動画ブログ村】 【videopass】 【anime】 【air】 【TTV動画】

【hulu】 【動画】 【動画】 【動画】 【TSUTAYATV】 【人気ブログランキング】
【ビデオパス】 【dTV】 【DMM動画】 【FC2ランキング】 【U-NEXT】 【動画】

【映画動画ブログ村】 【リンク切動画を探す】 【YouTubeアニメ】