カリフォルニア・ダウン/San Andreas

ブラッド・ペイトン監督作品に、ドウェイン・ジョンソン主演の突如として平穏な日々を襲った、カリフォルニアを襲った巨大地震の迫力の描いたアクション作品。
その日、地球が割れる。自然災害に襲われた時、世界中の誰もが真っ先に想うのは、家族のこと。レスキュー隊でパイロットを務めるレイも同じだった。ネバダ州に巨大地震が発生、全力で救助活動を行うなか、今度は妻と娘のいるカリフォルニア州に激震が!
倒壊寸前の高層ビルの屋上から間一髪で妻を救ったレイは、娘を助け出すためにサンフランシスコへ向かう。だが、最悪の事態はこれからだった―。刻一刻と“その時”が近づくなか、レイは生きて再び最愛の娘を抱きしめることが出来るのか?米カリフォルニア州の太平洋岸に1300キロにわたってのびる、「サン・アンドレアス断層」が横ずれ、大地震を巻き起こし平穏なカリフォルニアに猛烈な揺れが襲う。
ロサンゼルス、サンフランシスコ、ラスベガスと大都市が相次いで壊滅、全米屈指の超高層ビル群やゴールデンゲートブリッジ、ビバリーヒルズが崩壊し、さらにはフーバーダムまでもが決壊、地面には深い亀裂が広がり、大津波が襲い掛かる……。そんななか、ヘリコプターを使った高度上空での任務を専門とするレスキュー隊員パイロット、レイ(ドウェイン・ジョンソン)は、サンフランシスコに残された娘(アレクサンドラ・ダダリオ)の救出に向かう。

巨大地震で街が崩壊し津波が襲って来るシーンはリアル過ぎて日本人にはキツイものがあるかも知れない。迫力の映像で娯楽作品としても十分楽しめるのだろうけど、災害時に必要な知識がいくつか登場する次から次へと見せ場が続き、その見せ場のバリエーションが豊富。特に斬新なのは津波が襲いかかってくるシーン。地震に限らず、災害時には、危険回避能力をいかに発揮できるか。運もあるかもしれませんが、知識だけでも頭に入れておく必要がある。映画を観てそう思いました。
監督 ブラッド・ペイトン
出演 ドウェイン・ジョンソン カーラ・グギーノ アレクサンドラ・ダダリオ ヨアン・グリフィズ アーチー・パンジャビ ヒューゴ・ジョンストン=バート アート・パーキンソン ポール・ジアマッティ
脚本 アラン・ローブ、カールトン・キューズ、ケイリー・ヘイズ、チャド・ヘイズ
製作 ボー・フリン、トリップ・ビンソン、ハイラム・ガルシア
音楽 アンドリュー・ロッキングトン
原題:San Andreas
製作年:2015年/製作国:アメリカ/時間:114分