レッド・ドーン/RED DAWN

ジョン・ミリアス監督作品の戦争アクション「若き勇者たち」を、「マイティ・ソー」「スノーホワイト」のクリス・ヘムズワース主演でリメイク。

朝寝ているといきなり地響きがする。
その音で目覚めたジェドとマットは何事かと外へ出ると、空には無数の飛行機とパラシュート。何が起こっているのかわからなくおろおろしていると、そのうちの1機が墜落、ここでようやく侵略されていることを知ったジェドとマットは車に乗り父親を捜しに行く。
車で走っているとすぐに父親と再会。
父親はついてこいといわれついていくが、その途中、降下部隊に銃撃を受ける。
なんとか、その場を切り抜けたが、父親は山へ迎えといいその場を後にする。
ジェドとマットは山へ向かう途中、ガールフレンドのエリカを迎えに行くが、そこには侵略軍がたくさんおり、泣く泣く逃げ出す。
ジェドとマットは数人の友達と合流し山小屋に潜伏している時に北朝鮮が攻めてきたことを知る。
しばらくすると、そこへ北朝鮮軍が押し寄せてくる。
ジェドとマットの父親もつかまっており皆に出てくるように指示をされていたが、戦うことを話すとその場で射殺されてしまう。
その時からジェドとマットは北朝鮮軍を倒して自分たちの居場所を確保することを決意する。
北朝鮮軍と戦うことを決意したジェドとマットは、友人たち数名とレジスタンスチーム「ウルヴァリンズ」を結成、北朝鮮軍に対抗を始めたジェドとマットは武器と弾薬を手に入れ行動を開始する。とにかく爆破がメインで検問所や車を爆破していく。
式典で爆破計画をする中、1台のスクールバスが通る、そのバスにはエリカが乗っていた。
エリカを救うため爆破を速めたがそれは罠だった。その結果仲間を失う。
無事にその場を乗り切りアジトへ戻る。
再度、街へ戻り北朝鮮軍を襲撃する。射撃がとにかくうますぎて無傷で北朝鮮軍を壊滅させる。
ウルバリンズのアジトを見つけた北朝鮮軍は攻撃を開始する。(迫撃砲?)その場を脱出したウルバリンズだが数人の犠牲者が出てしまう。
高性能電波妨害装置がアメリカ軍の反攻を妨げていて潜水艦も撃沈され、本土が侵略されたことを知る。シカモロシアが北朝鮮と手を組み北海岸はロシアが占領していると話を聞く。
ウルヴァリンズは、高性能電波妨害装置を破壊してアメリカを取り戻す行動に出る。
監督:ダン・ブラッドリー
出演:クリス・ヘムズワース、ジョシュ・ペック、ジョシュ・ハッチャーソン、エイドリアンヌ・パリッキ、イザベル・ルーカス、コナー・クルーズ、ジェフリー・ディーン・モーガン
脚本:カール・エルスワース、ケヴィン・レイノルズ
原題:RED DAWN
制作年:2012年
制作国:アメリカ
時間:96分
【動画】