ローン・サバイバー/LONE SURVIVOR

実話に基づき米軍ネイビーシールズ史上最も凄惨な作戦として知られる“レッド・ウィング作戦”を映像化した映画。
レッド・ウィング作戦とはアフガニスタン紛争において2005年6月27日にアフガニスタン、クナル州の山岳地帯においてタリバンに対して米海軍特殊部隊ネイビーシールズが行った軍事作戦。
アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの4人が、夜間にヘリから降下し、とある山岳地帯に入る。
4人の目的はタリバンのテロリストのリーダーアフマッド・シャーの潜伏場所を特定すること。とりあえず偵察地点には到着したもののなかなか良い場所がなく移動するが今度は無線が通じない、そこで少し戻ることにする。
4人が、アフマッド・シャーの潜伏場所の村に近づき監視していると、偶然、やぎ飼いの老人と子供に出くわしてしまう。 とりあえず老人たちを確保する。しかし無線が通じないので衛星電話するも切れてしまう。
ここで4人は3つの中から選択することになる。
1つ目は解放し4人は高台に逃げるが敵に追われる。2つ目はこの3人を縛り放置する。この場合オオカミに食われるか投資の可能性がある。3つ目は危険を排除する。
話し合いをしていたが投票ではなく任務が危険さらされた場合の対処法をとることにする。
それは1つ目の解放をしてこの場を退去することを決意する。
解放するとしばらくして4人はあっというまに200人のタリバン兵に囲まれ戦闘が開始される。
衛星電話も通じないタリバンには囲まれる。そんな極限の中、衛星電話の通じる高台に行くことを決意した1人がなんとか電話で航空支援を要請することに成功する。
だが護衛のないヘリだと格好の標的、2機のうち1機が撃墜されたためもう1期は撤退する。
最後の1人になったマーカスは岩のくぼみに隠れタリバンから逃げることが出来る。
そこへタリバンではない村人が来て助けてくれる。その村人にアメリカ軍基地に向かってここに自分がいることを伝えてほしいと頼む。
頼みを聞き入れた村人はアメリカの基地へと向かう。
だがすぐに村にいたタリバンが押し寄せてきて捕まってしまう。ここで再度先程助けてくれた村人に助けてもらうことになる。 タリバンも黙ってはいない 多数のタリバン兵をつれて戻ってきた。
激しい戦闘が続く中、アメリカぐうのヘリがマーカスを救出するためにきてタリバンを撃退する。
監督:ピーター・バーグ
出演:マーク・ウォールバーグ、テイラー・キッチュ、エミール・ハーシュ、ベン・フォスター、エリック・バナ、アリ・スリマン、ジェリー・フェレーラ、ユセフ・アザミ
原題:LONE SURVIVOR
制作年:2013年/制作国:アメリカ/時間:121分
【動画】