ボディ・ハント/HOUSE AT THE END OF THE STREET

2012年のアメリカ合衆国のマーク・トンデライ監督、ジェニファー・ローレンス、エリザベス・シュー、マックス・シエリオット出演によって作成されたサスペンス・スリラー映画。

ある夫婦が殺されるところから始まる。
17歳の女子高生エリッサは母サラとともにシカゴから郊外のかなり大きい家に引っ越して来る。まふぉから見えるのは州立公園だがその奥に4年前、でキャリー・アンという少女が両親を惨殺した事件が起きた家が見える。
その家があるためこのあたりの不動産が安くなったおかげでエリッサたちは住めるようになった。
夜、空き家だと思っていた家を眺めていると灯りがついた。
そのことを不動産屋に聞いてみると今はキャリー・アンの兄ライアンが1人で暮らしていると伝えられる。
近所の人はあの家をつぶして更地にすればまた不動産価値が戻るなど話していた。
早速、学校に通うことになりエリッサは座っていると、タイラーが声をかけてきた。タイラーの誘いを1度は断ったものの母が遅くなるとの連絡を受けたのでタイラーの誘いに乗り家に行くと、ギャンブルパーティが開かれていた。
それに幻滅したエリッサは自分の家に帰ろうとタイラーの家を出るがここがどこかわからない。
とぼとぼ歩いていると1台の車が通り送っていくよと声をかけられる。その声をかけてきたのが隣人のライアンだった。
ライアンには秘密があった。実は4年前の事件後、失踪したことになっているキャリー・アンを密かに地下室に閉じ込め、面倒を見ていたのだ。
エリッサの母サラは、警官のビルにライアンの事を聞くが、タイラーは問題を起こさないすごく良い子だと話す。
エリッサはライアンの家にいきキャリー・アンの話を聞く。
サラがライアンを家に招待する。お互い知り合いましょうと食事をするがサラはライアンに2人だけではあわない事と約束させる。 エリッサはライアンに車で送ってもらう。ライアンにいいもの見せてあげるといわれ1本の木を見せられる。 やがてエリッサはライアンに惹かれていく。
そんな隙にキャリー・アンが脱走する。追いかけるライアンはキャリー・アンを押さえつけていてあやまって殺してしまう。
エリッサはライアン歌を聞きに来てほしいと誘われたのでライアンは学校に行くとタイラー達とけんかになる。タイラーの仲間は、ライアンの家に先回りをし火をつけるがエリッサがなんとか火を消す。
その時、ごみ箱の中に怪しいものを発見したので家を調べていると地下室があった。その地下室に行くと死んだはずのキャリー・アンがいた。
そこへ、ライアンが来て 早くこの部屋から出て行ってと言われ とりあえずその部屋を出て行く。
ライアンから話を聞くとキャリー・アンはブランコからおちて死んだことを告げられる。
では 惨殺事件の犯人は誰だったのか?
物語はクライマックスへと向かう。
監督:マーク・トンデライ
出演:ジェニファー・ローレンス、マックス・シエリオット、エリザベス・シュー、ギル・ベローズ
制作 アーロン・ライダー
脚本 デヴィッド・ルーカ
原作 ジョナサン・モストウ
原題 HOUSE AT THE END OF THE STREET
制作年 2012年/制作国 アメリカ/時間 101分
【動画】