スティール・コールド・ウインター ~少女~

評価: 3.0(1件のレビュー)

洋画, 洋画さ行, サスペンス2013年

スティール・コールド・ウインター
監督:チェ・ジンソン
出演:キム・シフ、キム・ユネ、ムン・チャンギル、オ・ヒジュン、キム・グァンセプ
制作 チェ・ユンジン
脚本 チェ・ユンジン
原題 소녀/Steel Cold Winter
制作年 2013年
制作国 韓国
時間 109分
友人を自殺に追い込んでしまって以来、心を閉ざすようになった高校生・ユンスは、ミステリアスな少女・ヘウォンと出会う。ある日の朝、ヘウォンの父親が切断された死体で発見される。
レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

感想・ストーリーなど書き込みをお願いします。

無料動画シネマチェック
平均評価:  
 1 レビュー
by Haru

韓国映画によくある、冷たくて謎めいていてブラックな田舎シチュエーション。

村人の無常さが恐ろしい。宣材写真からして美しさが強調されていたけど、実際とても綺麗だった。

ひたすらに暗い映像の中で、2人の美しさだけが救いだった。

豚の鳴き声と不協和音の融合は(そこが狙いではあるけどやはり)気持ち悪さがあった。シンプルなシナリオのおかげで一つ一つのシーンが長かった。

その時間の中で、人間の心の微動をふとした動作や音で表している感じが良かった。

生き埋めと溺死、どちらもじわじわ苦しくなっていく死に方で圧迫感があるにも関わらず、それが2人の存在で中和されていてしっかりと見ることができた。

スケートシーンは唯一ただただ美しい場面だった。

静かですっとまっすぐで、凍るような冷たさがシンプルな綺麗さを体現していた。美しさと恐怖が上手く表裏一体に描かれていた。

見終わった後のこの気持ち悪さが狙いであるなら成功だろうと思う。

だからといって後味の悪いだけの作品というにはもったいなくて、見終わった後の静けさに沈んでしばらく終わりを認識できないけだるい感じ。

伝わりづらいけどぼんやりとした感じがテーマに合っている。