ジョーカー

評価: 4.3(3件のレビュー)

洋画, 洋画さ行, アクション, サスペンス2019年

ジョーカー

キャスト・作品情報

監督:トッド・フィリップス
脚本:トッド・フィリップスス、コット・シルヴァー
出演:ホアキン・フェニックス、ロバート・デ・ニーロ、サジ・ビーツ、フランセス・コンロイ、マーク・マロン、ブレット・カレン、グレン・フレシュラー、ジョシュ・パイス、シェー・ウィガム、ブライアン・カレン
原題:Joker
製作年:2019年
製作国:アメリカ
時間:122分

あらすじ

映画『ジョーカー』は、“悲劇”とも“喜劇”とも言える彼の人生にフォーカスした完全オリジナル・ストーリー。狂気で人々を恐怖に陥れる“ジョーカー”そのものではなく、“孤独な男がジョーカーになるまでのリアルなドラマ”が描かれる。初めて語られるジョーカー誕生の理由、切ない衝撃の真実とは?
レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

感想・ストーリーなど書き込みをお願いします。

ジョーカー
平均評価:  
 3 レビュー
by ハル

アーサーは現実
ジョーカーは人間の本能、願望
を表していると思った。

アーサーは諦めが悪い。
コメディアンが世間からウケないなら、やめて違う職を探せばいい。

彼はどんなに不幸になってもコメディアンでいることをやめようとしない。どうしてもコメディアンとして世間からの注目を浴びたい。
好きなことをして世間から注目を浴びたい。認められたい。

みんなアーサーのように夢を見るけど、叶わないと分かったら諦める。

なぜなら世間から笑われるし、友達は白い目でみて、離れていくし、家族に迷惑をかけるし、評価されないから収入は少ないし。

だからアーサーが救いようがないくらい不幸なのは、自分の行動が招いている。


絡まれたサラリーマンを銃で撃ったことから、ジョーカーが生まれた。
彼の殺人を世間は評価する。

世間を笑わせたい...
注目を浴びたい...
世間の関心を奪いたい...
本能のままに生きたい...

そんな願望を具現化できる方法が、彼の場合ジョーカーとして生きていくことだったのだろう。

みんな本当は、
本能のまま、好きなことだけをして、生きたい。ジョーカーのように。

by Redman

深い、、、、、、、
淡々と進んでいくストーリーの中で、心境の変化が大きすぎてとてもやみつきになる映画

by よしだ

最高な映画すぎる。
期待しないで見たけど悪い意味で裏切られた。
ジョーカーがなぜジョーカーになるのかその心理変動がリアルすぎて引きずり込まれてしまう、あれは危ない。
善人だろうがなんだろうが環境が善人にするし悪人にもするんだなと教えられた
精神疾患じゃなくてもあんな環境であれば発狂する。
ジョーカーが引き金で暴動に拍車をかけ狂ったゴッサムを作ったが、誰もが彼になる要素はあった、あれは一市民の中で出来た狂人の1人。

所々雰囲気作りがダンサーインザダークを思わせる感じでいい気味悪さでした何回も見たくなる。

見終わったあとはダークナイトをみたい。